カラスの鳴き事

ロックンロールバンド、カラス79の独り言

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ハラ:遠征っつーのはさ。


久しぶりの書き込みで、すみません。


まぁ、それはそれでいいか。


いやね、カラス79は先日、初めて遠征というのに行って参りまして、その事でもつらつらと書き留めておきたいな、と思った次第であります。



3/13 大阪fireloop
3/14 神戸starclub

と関西方面に2daysで、強行スケジュールで行ってまいりました。
だって、そんなに仕事休めやしねえし。


いや、まぁ、今更、ツアーに出た事を何だかんだ言うのって、ある意味恥ずかしいんですが、
やっぱり俺達(俺とイナツグ)は東京生まれで、なかなか外に出る機会ってのがなかったもんで、遠征に行くってのもどーもハードルの高い行動に感じられてしまっていたんですよ。

それが、実際に行ってみて思ったのが、やっぱりハードルは高かったって事。(笑
しかしながら、だからこそ非常に有意義だったし、「井の中の蛙」現状ってのに客観性を持って自身のバンドの立ち位置なんかを見つめる事ができたように思う。


ツアーの醍醐味ってのを一言で言ってしまうと、何よりも

移動時間の長いライブ

ってだけなんですけどね。


でも、この事実が大事で、
東京から大阪まで、約550kmぐらい?を車で7~8時間かけて向かうわけだから、ライブに対する意気込みも気合も充分に満たされてるわけですよ。

そして、見知らぬ街にライブをしに行くという事。
こんなの、バンドマンじゃなきゃ体験できません。


後は、ぶっちゃけライブハウスに来ちゃえば、やる事はどこでも一緒!
そこは変わらず、変えてはいけない、でも少しぐらい変化はあるだろうけどって感じ。
その少しの変化ってのが、遠征してきたって気合の部分だったりすんだけど、それってただ単に事実に基づいた事だから、感じてて当たり前なわけで。

それで、今回、一番痛烈に感じたことは、
遠征での気合の入り方ってのは、当たり前なことだから、それでいつもより強烈なパフォーマンスをするってのも当たり前な事で。
僕等がやってる事は、当たり前ではいけない部分があるんだよ。

やっぱり、普段、徒歩5分で行けるとこでも、寝起きでも、酒に酔ってても、
ライブをやるってのは当たり前を通り越して、いつでも強烈なパフォーマンスを引き出すポテンシャルが必要なんではなかろうか、とね。


若い頃に、
「ハラ君は、テンションを自在に操れてすごいね」って言われたことを今でも覚えてるんだけど、
今では、それって何よりも大事で、
ただ単に、テンション上げてりゃいいって若かりし頃とは違うけど、自分のテンションを自分でどうやって引き上げるのかって行動は常に重要。

それは、役者さんとかもそうだと思う。

いきなり激昂しろ、とか、
突然泣き出せ、とかを強いられる職業なんだし。

ま、そのための訓練やらをしてるってのはあるんだけどさ。


色々と勉強になったわけよ。
しかし、行きも帰りも運転手は俺だけってのと、帰りの時間にタイムリミットがあるってのだけは、もう嫌だ。

栄養剤やら、コーヒーやら、刺激物やらでドーピングしまくっても重くなる瞼をはねのけて運転したおかげで、
何日かは廃人のようだった。

しかし、慣れればへっちゃらだろーね。
今後も、ガンガンツアーに行って、タフなバンドになってやるぜよ。



そんなわけでした!
次のライブは、来週末、3/13(土)
新宿スモーキンブギで
「RUMBLING BLACK'N'ROLL8」

熱いバンドマンが集まるぜ!
宜しく!!


後ね、その後、

4/13(Fri)
四谷OUTBREAK
「KICK OUT THE FRIDAY」vol.6

お待ちしております!!!



スポンサーサイト
2012/03/23/Fri 14:10:10  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 カラスの鳴き事. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。