カラスの鳴き事

ロックンロールバンド、カラス79の独り言

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ハラ :バイオ 


最近、疲れが取れないってのが課題だったりして。

ま、うまく寝れてないのとか、忙しいからだとか色々と理由はあるんだろうけど、年齢的なもんはどーしても否めないのだろうな。
って、ぐだぐだしてたりする。

が、ここ2,3日は妙に体が軽い。
調子もいいし。

なんだろ、バイオリズム的なもんかな。
だとしたら、鬱陶しい。



スポンサーサイト
2009/08/30/Sun 00:30:53  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :ライブレビュー

気持ちを切り替えて、25日はOUTBREAKでのライブ。
この日の出順は一番目、そして飲み放題。

やる事やったと言う感じで、気持ち良く酒を飲む。
あまり酔わない。
この日もいいバンドに巡り合った。最近、そういうのが多い気がするのは、自分らも少しはうまく行ってるって証拠かなと思う。

少しはってのは謙虚。
でも、実際に思ってる事。まだまだ開発途上って感じは否めないから。
ま、完成すればいいってもんじゃないんだけどね。

これからも、そんな感じでバリバリやるよ。

8.25
in OUTBREAK
-set list-
1.レディスパイダー
2.ウソツキ
3.Unhappy Blues Bird
4.Ambivalenz
5.Hyponotize
6.ウィスキーコーク
7.Bye Bye Sunday


2009/08/26/Wed 00:29:13  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :お詫び

イナツグの一身上の都合により、明日(8.24)のライブは急遽、出演ができなくなりました。
連絡が遅れた事も同時にお詫びします。

尚、次の日の25日の四谷OUTBREAKでのライブは問題なく行います。

お騒がせ、迷惑かけまして申し訳ありません。
今後とも、よろしく願います。



2009/08/23/Sun 17:51:17  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :去り行く間に


もう残暑かね。
ここんとこ夕焼けが綺麗だ。

綺麗過ぎるぐらい。

「それよりも もっと赤い血が
体中を 流れてるんだぜ」

チャリンコこぎながら、口ずさむ夕暮れ。


DSC01890-2.jpg




2009/08/21/Fri 17:47:20  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :やっちゃうよー


カラス79のリハ後に、バイクで西荻窪まで行って、ピンクカラス(正式決定)、2回目のリハ。

ライブが決まりました。
9.4(Fri)
at Black and Blue in 吉祥寺

なわけで、曲を作成中。
って言っても、曲の原型を持ってくるのはすべて純平氏。で、音を出して練り上げる。
音はロックンロールだね。なにやら、ジミヘンっぽかったり、レッチリっぽかったり。
純平氏のオリジナルで、コブシの効いたバラードだったり。

まぁ、楽しいよ。
お暇があったら是非、遊びにいらしてください。



2009/08/19/Wed 17:39:55  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :好野手


今、やってる草野球チームで初の試合をした。
ユニフォーム着るのも初めてなら、試合も始めて。

この方、組織的なもんと縁のない私はなかなか野球というのが楽しくて、元気?にやってます。チームプレイって楽しいね、でも面倒だな。

成績は3打席2安打。
守備ではピンチでセンターライナーを取って、バックホームに一直線で返球してランナーを走らせなかったって好プレーをした模様。

ルールをもっと勉強しないとだな。
一塁を走り抜けた後、外に出なきゃいけないなんて、分かんなかったよ。それなりに緊張もしてたって事だね。

後、試合後は飲みすぎに注意だな。



2009/08/16/Sun 17:31:53  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :ダイナマイトシリーズ?


BBQの準備でろくに眠れてなかったのと、当日の無茶がたたって、体調を崩してしまったが、言い訳になりません。
どんな状況でもしょっぱいライブはしません。

RUBE RACIESに呼ばれて、高円寺20000Vでのライブ。
6バンドも集めて、大したもんだなと感心。
イベント自体の熱も徐々に熱くなって、雰囲気はなかなかいい感じだった。

うちらは4番目。
スピーディーで攻撃的なセットリストで、7曲詰め込むという暴挙に出たが、これはこれで勢いがついてなかなかいいライブになった。
体調悪いって言っても、ライブが始まれば何も関係ないしね。

楽しかった。
また遊びましょう。


2009/08/14/Fri 17:24:41  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :夏のおもひで


毎年、恒例のBBQに今年も行ってきた。

今年の参加動員は12名。
密かにバンドの謝恩会だと思っているのは、恐らく俺だけ。しかし、それだから、完全ホスト役に務める。ま、こーゆーとこ来たら酒なんか飲まなくたって楽しいのだ。

ただ単に、酒飲んで、飯食って、川にいるってだけだけど。
しかし、この日は台風一過で案の定、川は増水してるわ濁ってるわで、ろくに川遊びもできなかった。しかも、そんなに日が照らなかったしね。
それでも、果敢に遊んだよ、唇を紫色にしてね。

今年は、友達のバンドの堀尾が来てくれたり、前の職場の料理長が来てくれたり、ドラムのヘルプをやってくれてた善太が来てくれたりとバライティーにとんでて良かった。
問題も起こらず、無事終了したしね。
ま、幹事としてはそれで充分ですよ。

ま、こんだけ楽しかったってわけで、写真でもどうぞ。


海老名インターにて、水蒸気サービスに戯れる。
DSC01782-2.jpg


とりあえず、昼飯でも。
DSC01799-2.jpg


定番、焼きそば。
DSC01800-2.jpg


食え食え、飲め飲め。
DSC01811-2.jpg


夜は花火。
DSC01848-2.jpg



みんな、ありがと。




2009/08/12/Wed 16:59:21  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :夏の背丈


夏です。

とにかく、毎日バンドやら仕事やらってわけにもいかないので、プールにでも行ってきました。

今年、最初で最後のプール。

佇む。

DSC01761-2.jpg


ご満悦。



2009/08/08/Sat 16:52:35  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :人手間


先日、ギャートーンズとのライブの打ち上げで知り合った、ピンクエレファントというバンドをやってる純平氏とスタジオに入った。
西荻窪まで行く。

基本はドラマーらしいのだが、色々とやってるらしく、この日はギターリストとして二人で音出しなんかをやった。
リズムの感じとか、リフなど、色々と他人とやると刺激になるね。


終わって軽く打ち上げてたら、ライブをやろうってな話しになって、いきなりやる事が決定した。なんとも行動力の早い人だ。

バンド名は「ピンクカラス」(仮称)ってな感じで。
どーなる事やら。


2009/08/05/Wed 16:34:29  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :鬱の森

最近、睡眠時間とか、寝る時間帯ってのが、著しく崩れている。
今なんかも、仕事を終えて24時頃帰宅するも、部屋についた途端に眠くなり、そこから風呂にも入らず、ベットに倒れこんでしまった。
目が覚めたのは午前4時。
それから、風呂に入り、落ち着いたのだが、目も覚めてしまった。しばらくは眠る気になれない。明日は夕方から朝まで夜勤だ。どーやって調整すればいいのか、検討もつかない。
仕方のない事だが、肉体的にも良くないし(疲れが抜けない。年齢的な事もあろうが、)、精神的にくつろげない思いをしてるのが、なんとも嫌だね。

まったく、早くどーにかしたいもんだ。





また、テンプレートを変えてみた。
以前のは月がいいなと思ってたんだが、構成がこじんまりとし過ぎて文を読むには鬱陶しい感じがしていたから。
どのみち、他人が作ったのを借りてるんだから、文句言える立場じゃないんだけど。

後、写真の問題ね。
ここんとこ、写真を撮るのが日常的になってきたし、撮る行為自体が好きな様で、ちょこちょこと載せてはいるが、前のテンプレートでは調整したサイズでも枠からはみ出してしまっていて、どーにもこれが気に入らなかった。
これで、すっきりした。

写真に関しては、飲んで記憶をなくした時に、記憶のバックアップ的な役割もしてくれていて、微妙ではあるが、それも面白いなと思ってる。
PCのフォルダには、意味のない飲み風景が淡々と増えているよ。




昨日、読み終えた本に関して。

花村萬月著
「鬱」

花村萬月_鬱


あまり、タイトルに意識を持っていかれないでね。
ニュアンスはあれど、そこまで偏執的なお話しでもないから。いや、そんな事もないか。

初めて読む作家さんであり、なんとなしにトイレで読む用にしていたのだが、途中から止まらなくなってしまい、550頁ほどの分厚さであったが、一気に完読した。
自分にとっては初めての体験だと思うぐらい、引き込まれたし、思索の世界にどっぷり浸かれた。それが何とも気持ち悪かったのだが、変に心地よかった。全編通して、物語の物質的進行や行動はあまり少なくて、そのほとんどが主人公達の思索の世界。
頭で考えてる事を延々と悶々と語り尽くす感じ。その感覚が俺にとって真新しく感じられたのかもしれないけどね。

まぁ、面白かった。
花村萬月の著作をもっと読んでみよう。
現代作家に触れられる気持ちは、とても楽しいもんだね。



2009/08/03/Mon 07:15:32  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 カラスの鳴き事. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。