カラスの鳴き事

ロックンロールバンド、カラス79の独り言

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ハラ :出会いは異なもの


28日、昨日は高円寺MISSION'Sにてライブ。

ここでのライブもイベント含めて3回目。
ハコ自体にはそれなりに慣れたし、気持ちよくやってる。

昨日は対バンも面白くて、充実してた。
ベルギーから来てたALEK ET LES JAPONAiSES。
ベルギーに移住してる日本人女性とベルギー人の男性のユニット。ピコピコテクノみたいのに、ボサノバ風のギターを乗せて、クセになるようなサウンドだった。
詩もふざけた感じで面白いし、たまに入るフランス語は訳分かんなくていい感じ。
しかもこの2人、夫婦らしくてその雰囲気は笑いを誘った。


後は、ギャートーンズ。
基本ロックで、ブルーズを混ぜたアンニュイでけだるい曲をやったりで、かなりかっこよかった。
打ち上げも一緒に参加させてもらって、朝まで飲む。
Vo.Gt.の室井氏曰く、ストーンズに傾倒してるって話しだけど、よく分かる。
久々にヒットしたバンドだ。
是非、企画で一緒にやりたい。


うちらも早くベースを揃えていい形でやっていきたいね。


7.28 Kouenji MISSION'S
-set list-
1.Sammy
2.Unhappy Blues Bird
3.Ambivalenz
4.レディースパイダー
5.Weekend Zombies
6.ロウソクの炎



スポンサーサイト
2009/07/29/Wed 22:52:16  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :叔父オズボーン


兄貴に息子が生まれた。

俺も叔父になりました。
一人、人間が生まれたら、周りは新しい立場をもらう。
面白い事だね。

わははは。



2009/07/27/Mon 01:24:43  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :ツバメ


うちの駐車場の天井にこんなもんが、ひっついてた。

DSC01594-2.jpg


そう。ツバメ。
巣を作ってました。

これはもう大きくなってる時。
まだヒナの時からその存在には気付いてた。スロープの地面に糞がすごいからね。

ま、そんだけ。


しかし、それがあってからか前から見たことがあったかは定かではないが、別の場所で普通の道路に「ツバメの巣あり」って立て看板とそのちょっと先に、「静かに走行しましょう」みたいな立て看板が電信柱に貼り付けてあったのを発見した。

そりゃ、ツバメの巣があれば、無事に巣立って欲しいな、とは思うけど、あーまでいい人を主張する偽善が臭くて、ツバメじゃなくてその人間の意識に腹が立ってしまった。
ちゃんとした看板だったから、区が作ったものなのかね。まったく。

おめーにゃ関係ねえだろ。俺にも関係ねえよ。

もし、無事に育たなくても、巣立ちできなくても仕方がない。
この東京の真ん中で生きようとするなら、だ。
そんなもん見守るしかないんだよ。

たくましく生きるツバメに誤れ!
と、思いながらブリブリと単車で通り過ぎた。



2009/07/25/Sat 01:07:49  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :日食って一日中?

昨日、日食を見に行った。
日本では46年ぶりとなる皆既日食だった。なんか、子供の時に見たような記憶があるんだが、恐らくそれは部分日食だったのだろう。
ま、東京では今回も70%ぐらいしか欠けない部分日食だったのだが。

生憎、当日は曇り。雨すらもちらつく最悪の天候。
それでも、負けじと集合場所に行く。
誰もこない、、、。
約一名だけ遅れて登場。

曇天の中、有栖川公園内の都立中央図書館の入り口のテーブルに腰掛けて、弁当を広げながら、時間まで空を眺めた。

ただただ、暗くて分厚い雲に覆われた空を延々と眺め続けた。


出た!
一瞬、雲が薄くなった所からひょろっと申し訳なさそうに顔を出した。
それでも思わず声が出た。興奮してしまった。

雲がかかってるため肉眼で見れた。
逆にだからこそ、写真にも綺麗に写った。

DSC01610-2.jpg


これは月ではないよ。
太陽だから。

ダイナミックさはなかったけど、違和感とか不思議な空気や神秘性ってのは感じられたよ。
ま、それだけで良かった。



2009/07/24/Fri 00:52:05  未分類/CM:0/TB:0/

§ イナツグ :アベフトシの死

元Thee Michelle Gun Elephantギタリストの突然の訃報は、昨日の夕方、カラス79のスタジオリハ直前に知り合いからのメールで知った。

「え? まじで? なんで?」
くらいしか言えなかった。


初めてミッシェルを聴いたのは高校の頃、深夜のテレビ番組だった。
もう一瞬でやられてしまった。ガツーンときた。これだ!と思った。

とにかくあのギター!
カッティングのキレと速さ、あんな音初めてでそりゃもうブッとんじまった。

しかしあまりの衝撃にその曲名はおろかバンド名さえ憶えてなく、ひき逃げと同時にヤリ逃げされたような苛立ちでレコード屋を徘徊して犯人捜しをした思い出がある。(その後無事犯人は見つかった。防犯カメラに映ったまさに犯人みたいなジャケ写を見てピンときた。そのCDは「culture」だった。)


ミッシェルは悲しみをかき鳴らすバンドだった。
悲しみに火をつけて燃やバンドだった。
重油よりももっと重く、黒く、ドロドロした感情を、燃やし尽くしてやろうと、で、その先には何が? という世界観を持ったバンドだった。

あー、やはり俺はこのバンド、影響受けたなー。


ラストライブにも行った。
その一番最後の曲は「世界の終わり」だった。
その後半、延々とリフがくり返され、そのままいつまでも終わらないでくれと願った。
アベのギターの弦が切れ(しかも4弦)、それでもかき鳴らし、燃やし尽くしていた。

ついに曲が終わった。
大歓声だったが俺は突っ立っていた。
その時、あの無表情のアベが笑っているのを見た。
初めて見た。
楽しそうに笑って右手を上げていた。
俺はようやく叫び、両手を上げて大歓声に交じることができた。

あの時のことはずっと忘れないだろう。



今日は職場にミッシェルのCDを何枚か持ってきた。
同僚もやはり何枚か持ってきていて、一日中爆音でかけている。
アメ横の近所の店でもジーパン屋、アメカジ屋、シルバー屋なんかからミッシェルが聞こえる。

今まで何百回と聴いて、その度に興奮してきた曲の数々。
しかしさすがに今日ばっかりは、悲しくなる。


でもこれだけは言わなければなるまい。

サンキュー。
アベフトシ。

バイバイ。





2009/07/23/Thu 17:33:58  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :悲しみに


アベフトシが死んだ。
太陽と月が重なり合う日に死んだ。

元MICHELL GUN EREPHANTのギタリストだ。

今日は皆既日食があり、朝まで仕事をしてたにも関わらず、朝から出かけてスタンバイしてた。
が、今日はその話しも止めよう。後日、書きます。


ミッシェルは数少ないリアルタイムに聞いていたバンドだ。
高校生の時に聞いた「calture」は衝撃的だった。
くだらないかもしれないが、カラオケBOXで流れたPVを見てぶっ飛んだもんだ。
その後、HEYHEYHEYで「バードメン」見てしまったら、そっから虜になりました。

ツアーには行ったし、フリーライブも行ったし、解散も行った。
そして、その後の動向も気にしていた。
これは俺のロックの生い立ちでもあるかの様だ。

それが、記憶の隅から削られるのは寂しくて仕方がない。
ホントに削られるわけではないのだが。なぜか削られる様な気がしたんだ。

いつまでも、俺の脳内に住み続けて欲しいと思っていた、意図的に。

それが切り離された。
それが現実であり、突きつけられた課題だ。


ライバルだと思ってた。
今でもそう思ってる。おこがましい事はよく知ってる。
今、先輩の酒を勝手に飲み明かしたぐらい俺はおこがましい。

そんなもんです。
今夜は飲み過ぎかもしれない。



2009/07/23/Thu 02:03:16  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :満月


出た出た。
膿が面白いぐらい出た。腫れてた分思いっきり出た。
今日は海の日だったし。

おかげで傷口が開き、噴火山みたいな様子になっちまった。
しかし、バイキンだか何だか知らんが、それにこんだけやられるとは不思議なもんだ。そして、それに対抗して膿を出して頑張ってる俺の人差し指も大したもんだと思う。

もうちょっと頑張れ。



2009/07/21/Tue 00:54:01  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :膨れ上がった

大変だ。
真実がイカサマと手を組んだ。

じゃなくて、
でも、大変だ。

仕事中にやった事だろうけど、左手の人差し指が2倍ぐらいに膨れ上がってる。
やった事だろう、ってのは原因が定かではなくて、恐らく仕事中に傷口にバイ菌が入ってしまったんじゃないか?という憶測でしかないからだ。
豚肉とか使ってるとよくあるって話しらしい。


見た目にも酷くて、もう少しでジョースターにとり憑いたスタンドみたいに人面相になりそうな勢い。チュミミーン、って言われたらどうしよう。
それにしても痛い。
疼く。
曲がらない。

んー、明日、病院に行こう。
切る事になったら嫌だなぁ。しかし、切ってでも治したいよ、こいつは。



2009/07/18/Sat 03:07:44  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :弾き語る


アンプラグド。

DSC01549-2.jpg


と言っても、イナツグはしっかりアコギをMarshallに繋いでるんだけどね。
9月の野外のアンプラグドイベントに向けて調整してみる。

カホンも気持ちいいし、イナツグのハープもいいよ。
やってるのはスタジオなのにイメージは海辺だった。俺には波の音が聞こえたよ。本当に。

山奥でやんのが楽しみだ。
9.21-22でっせ。



2009/07/17/Fri 00:29:32  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :あなたに


それでも、変わらず。
今夜は思いもよらず、ヘンテコな日になってしまった。
独りでいるのが普通で、それでも友達に呼び出されれば喜んで外に出るわけだし。そこで飲んで楽しくなったとしても、それまで独りでいた時の感覚は覚めず、別れればまた同じ空間が自分を包み込む。
何が悪いわけでもない。
何のせいにしてるわけでもない。

恐らく、そんな自分が嫌いで仕方ないんだろうけど、それはそれで受け入れてるのも自分であるって認識がある事が、少なからず問題になってるのかもしれない。

行動録ではない、思想録でありたい。



2009/07/12/Sun 02:28:51  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :想い変わらず

何をするにも、とりあえずは楽しみながら学ぶ事だね。
学ぶって言葉はあんま好きではないけど、無意識で色んな事を吸収してるわけで、それを学ぶって表すのだろう。
それを意識的にこなしていくのはなかなか大変だけど、ま、楽しんで進んで行こう。


掃き溜めから顔を少し出して、舌を突き出す気持ちは変わらず持ちながら。



DSC01504-2.jpg


今度はカルテット。
雨降ってたから、気持ちはわかるよ。しかし、何するわけでもなく溜まってるんだよね、こいつら。夏のコンビニ前みたいなもんか。

最近、猫ブログのようだね。



2009/07/05/Sun 14:10:52  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :Cats return

昨日は久しぶりの夜勤。
ここんとこ避けてはいたのだが、うちのお店は夏がピークだし、人員が減ったって事もあり、また今月から朝まで働く事が多くなってしまった。
体にゃ悪いからあまりやりたくはないんだが、しばらくは仕方ないね。

そんなわけで、恒例の朝猫。
今回はトリオ。


DSC01502-2.jpg


目つきの悪い奴等・・・。



2009/07/03/Fri 14:44:40  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 カラスの鳴き事. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。