カラスの鳴き事

ロックンロールバンド、カラス79の独り言

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ハラ :復活の幕上げ


久々の2ピースライブ。

いざ、出陣!

DSC01406-2.jpg


楽しかったけど、いかんせんまだまだベースがいないのを理由にして、寂しさを感じたりする部分が多かった。
いい言葉ももらったし、もっとやろう。

来月も2ピースだ。
これはこれでいいもんやります。

当然だー!



スポンサーサイト
2009/05/30/Sat 07:37:47  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :伝説直視


以前、ドラムのヘルプで大阪にまで単発遠征にお付き合いした知り合いのバンド、COOKAIに誘われて、大塚RED ZONEへ足を運ぶ。

変わらずの雰囲気。
やっぱり嫌いじゃないな、このバンド。意外に好き。

DSC01402-2.jpg



この日の事件はその後に起こる。
出演の中にゲスト・遠藤ミチロウとの名があり興奮と緊張のままライブを眺めていたわけです。

スターリンは高校生ぐらいの時に初めて聴いたのか、かなりその音と詩に対して衝撃をうけたのを覚えている。
音に関しては、今、メタルが聴けるのもスターリンの重い音があったからなのかもしれない。

しかし、何よりも詩が好きで。
言葉の使い方が、表現の仕方がたまらなくカッコよかった。

そんなミチロウさんを初めて生で見た。
弾き語りで、1曲目から「sex!sex!sex!」って叫び続ける歌から始まり、終始ミチロウワールドをぐるぐると駆け巡るライブだった。
上質の舞台を観てる様な感じになるぐらい、その世界観はかなり個人的な反面、メッセージは強く広がってるというか、スターリンでやってた雰囲気と変わらないものがあった。
"fifteen"や"天ぷら"の様な言葉の伝え方、意味の深さってのも変わらずだと思った。

なによりも、現役バリバリで今もまだその熱いエネルギーを吐き出してる事には感動した。

僕は多大に彼の詩に影響を受けてるな。
初めて実感した。あー、そうか!って。

この夜はなかなか寝付けなかったな。




2009/05/29/Fri 06:52:53  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :ウラハラ


苦悩も何もすべてひっくるめて、俺は考えてる以上、幸せなのかもな。


あなたを愛してる。

あんたが憎たらしくてしかたない。


今夜は、楽しい事も面倒な事もあったが、それはまた別のお話し。
おやすみ。



2009/05/28/Thu 05:42:58  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :新規一転でもないが

おぉ、とにもかくにもwebをリニューアルしました。

ここは相変わらずですが。


今回はすべて手書きでやってみました。
デザイン的には気に入ってます。フレームの方がすっきりはするんですが、無骨にどかっと載せてる感じが好きなもんで。

コンテンツ、もっと充実させますんで、楽しんで下さい。
よろしくです。


カラス79 new web site
http://carasu79.web.fc2.com/index


2009/05/27/Wed 18:15:47  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :日暮れ


日が沈んだ。
沈みっぱなしの一日。

今日の一日が過ぎていった。
たまにはこんな日があってもいいなと思う。


あぁ、もうキミを信じられなくなりそうだ。


HPのリニューアルを図るべく、こつこつと作業をする。
まぁ、正味大したもんを作る予定じゃないからそんなに時間はかからないと思うが。

明後日は2ピースでライブ!



2009/05/27/Wed 03:56:15  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :平手のビート

昨夜、20日は松山弦大(aeronauts)のワンマンアコースティックライブにカホンでパーカッションとして参加させてもらいました。
場所は初上陸の下北沢。BAR?CCOってとこで、club251などの系列店。


パーカッション暦、1ヶ月でライブという恐ろしいスケジュール。
それでも、俺も弦さんも職場が同じって事を利用してかなり頻繁に仕事の始める前の職場でセッションを繰り返したりしたおかげで、なんとかみせられる演奏になったとは思う。
それでも平手でのリズムキープってのも難しいもんがあって、なかなか慣れなかったけどね。

一番の感想としては、やっぱアンプラグドなライブってのもいいなという実感。
俺としてはもっと道具を揃えたいし、カホンだけではなくジャンベやコンガとかも使ってみたい。ま、あまり大所帯な事をやりたいわけじゃないけど。


この日は2ステージあって、前半は3曲ほど弦さんが一人で弾き語り。

DSC01345-2.jpg


その後、俺が出て二人で残り3曲ほど演奏。
ギター1本とカホンだけってのはとてもいいよ。

後半はaeronautsのGt.森川さんも交えて3人で5曲。突如、アンコールに答えてプラス1曲。ギターが増えて音が厚くなれば、それなりに熱も上がってセッション感の強い演奏になった。
後半はかなりハッスルしたし、汗びっしょりでカホンを叩きまくってた。ドラムやってる時と変わんねえなって思った。


ドラム以外のリズム楽器をやる事がこんなに刺激的で、しかも前以上にドラムを好きになるなんて思ってもいなかった。
またやりたいもんです。

DSC01344-2.jpg


おつかれさんでした。




2009/05/22/Fri 01:33:21  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :松下弘子Birthday Party

19日、火曜日。
写真家、松下弘子おばちゃんの誕生日イベントに行ってきた。
新宿DOCTOR。

イベントに出演してて知ってたバンドはDAREDEVILSだけだった。後はあまり馴染みのないバンド達で、それでも松下のおばちゃんとは親交の深いバンドの様だった。

DAREDEVILSは相変わらずタフな音で、バンドの勢いがしっかりしてるし、メンバー間の安定力ってのも強くなってる感じがした。
いいバンドである。

DSC01327-2.jpg



すべてのバンドに熱い祝福を受けて、幸せそうなおばちゃんだった。
と、言うか今年で72歳だとよ。信じられないパワーと情熱。尊敬します。
俺もお世話になってるけど、写真ってのはそれに写りこむ対象に気持ちをぶつけないと当然いいものになんかにならない。
それがあって、写真家としての表現力があった上で、おばちゃんは人間性で周りに人が集まるのだろうな。
多数のバンドにその感情を彷彿させ、時にはおせっかいなまでにバンドの表現力に口を出したり、時には優しい顔で褒めてくれたり、とても懐の深い人だと思う。
月並みだけど、もっと現役のまま頑張って欲しい。


おめでとう。
DSC01339-2.jpg




2009/05/20/Wed 00:40:13  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :腰のシェイカー


起きて、鏡を見てもまだ慣れない。
急激な変化に慣れるには多少の時間がかかるもんだな。


今日は下北沢のスタジオに行った。
aeronautsの弦さんと、Gt.の森川さんとのセッション。ギターが二本になれば音の幅も広がるからパーカッションとしてはより楽しい。
少しずつリズムの刻みもしっかりしてきたし、音の出し方とか、シンバルのタイミングとか、叩いてる手を認識できる様になってきた事とか、進歩してるのが楽しい。

ま、やり始めってのはそうなんだろうけど、これに関しちゃそれでもリズムの事だし、何よりも音楽だから飽きることなんてないんだろうな。

そう言えば、大概の人がカホンを手作りしてる、みたいな事を聞いたんだけど、本当かね?
そんな簡単に作れるんだろうか?
まぁ、確かに作り自体は単純だなって思うけどさ。

でも、パーカッションの道具を自作すんのってかなり楽しそう。
シェイカーぐらいなら作れそうかな?


なんだか、疲れがどっと来たのか、足がだるい。
なもんで、今夜は土踏まずに湿布してもう寝よう。

明日は早く起きてカホンを叩こう。お昼しかやれないからね。



2009/05/18/Mon 02:30:23  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :脱ヒッピー?

あー、髪の毛切っちまった。
バッサリと。
少しの寂しさと首筋に髪がかからない解放感を感じる。
でも、心はいつでもヒッピーに捧ぐ。

しかし、今日、夜のスタジオでイナツグに気付かれず目の前を素通りされてしまった。
さすがにわかんねーか。


昨日、aeronautsとwash?の共同企画、「猿犬-其の七」に遊びに行く。
熱のこもったライブがいい。
両方ともうまいんだけど、それを見せるんじゃなくあえて壊していく様な演奏の激しさが俺には心地よかった。

そんでもって打ち上げにも参加させてもらって、新参者なのに最後までつき合わせてもらいました。

左から、aeronautsのモリカワ氏とイケモト氏、wash?のナンバ氏。
朝の7時過ぎかな、右二人はもう寝ちゃってます。こんな写真ですみません。

DSC01325-2.jpg


来週、水曜にはaeronautsのVo,松山弦大氏のアコースティックライブにパーカッションとして参加します。
宜しくです。

「リラックス vol.4」
in 下北沢BAR?CCO
出演:松山弦大(aeronauts)
OPEN:19:00~/START:20:00ごろから2ステージ予定
CHARGE:\1000-


2009/05/17/Sun 01:28:55  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :トモダチ

代々木でスタジオ。
最近使い始めた代々木GATE WAY。今は二人だから個人練習の値段も安いし、場所の都合もあるけど、なかなか使いやすくて気に入ってる。

バイクで行くのにも慣れた。
渋谷、原宿を通るのが嫌だから、うまい迂回道も見つけたし。


終わってから、Jackn'Boxの堀尾氏とイナツグと三人で飲む。
話しはロックンロールで弾み、いい仲間ができたなと再確認。来年あたりからおもしろい事をやっていこうと思う。

終電近くなっても、帰りたくない気持ちを引きずり、外のコンビに前でも飲む。
互いの音源なんかを聴いてるの図。

DSC01318-2.jpg



2009/05/14/Thu 02:34:20  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :Night fear


日々の中で、刺激もあり、楽しみもあり、それらを蓄え自我を構築する事もあり、何かと目まぐるしい毎日だ。

腐った思考を引きずって、またバカをやるのも悪かないけど、大人はみんな狂ってるよ。
俺は知らない。
知りたくもない。

夜が少し怖いだけ。



2009/05/12/Tue 04:00:10  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :清志朗さん告別式


色んな所で、色んな人が悼んでいた。
俺にもその気持ちがあり、スタジオの帰りに青山葬儀場に行った。

時間的にもう門は閉ざされてて、それでも門の前には沢山の人が別れを偲んでいた。
なんだか、俺にはあまり実感できなかった事が、リアルに実感できた。あー、死んでしまったんだな、冗談じゃないんだなって。

なんだか、分からない事が沢山あるけど、気持ちは持って帰れたよ。


DSC01315-2.jpg

2009/05/10/Sun 03:10:06  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :スリープタイト


今日は仕事が終わってから、一緒に野球をやってる人がやってるBarに顔を出しに行った。
中目黒にあるアンジってお店。

いい雰囲気で、黒糖焼酎を水割りでのんびりと飲ませて貰った。


ここんとこ思うのはただのひとつ。
寂しいって何だろうって。

そんなにマイナス思考でもないし、変にヘコんでるわけでもないが、常に考えてる。
俺にはよく分かってなかった事が沢山あって、これからも、知りながら進んで行くんだろうって思ってる事なんだけど、前とは少し違った感覚で捉えられてる自分もいたりする。


真島昌利が「ブルースをけとばせ」言ってたのは、「あいつは寂しさに打ちのめされた」、「あいつは惨めな気持ちを抱いてる」、「あいつは不安で夜も眠れない」、だ。
最近、これの意味が少しずつ分かって来た様な気がする。
ま、所詮、他人の言ってる事を理解してると思ってる事自体がおこがましいんだけどね。

俺も今夜、寂しさに打ちのめされていようと思う。
その力をどーにかしろと奴も言ってたしね。


また、明日も野球の練習に励むとしよう。
俺は俺で、見失わず生きて行こうと思う。
キミもそうだろ?



2009/05/08/Fri 04:33:21  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :No title


やっと、2ピースでのカラス79の動きが固まり、スケジュールもだんだん決まってきた。

二人になったからには、その音の限りない良さを表現するし、その音の切実さはよりリアルに感じられるだろう。
今より明日って考え方はもういらない。

俺には目先に転がってる石が必要なんだ。



2009/05/07/Thu 04:46:48  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :愛は時に不本意だ


今朝は約3時間ほどの睡眠で、朝の6時から野球の練習に向かった。
我ながらタフである。
しかしながら、そんな朝っぱらからと言うのに、集まった人数は過去最高とも言える人数で、皆さん予定がなければ無理をしてでも参加するのだという強い意志を感じた。
まぁ、仲間と野球をするのが好きなのだね。

なんか、そーゆー集まりに紛れているのもなかなか面白かったりする。


今日は、久しぶりに最高の映画と、最低の映画を観た。

最高の映画は「BLACK SNAKE MOAN」。
サミュエル・L・ジャクソン、クリスティーナ・リッチ出演。
愛のブルーズが強く心に残る。


最低の映画は「THE MIST」。
本当に最低。
観るべきじゃない。クソ。気分悪いわ、まったく。


そんなこんなで、寝不足なもんで、早々に寝よう。
明日は仕事前にカホンでセッション。



2009/05/05/Tue 02:33:42  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :買い物


そうそう、ちょっと前にカホンを買った。
以前にも少し話したが、職場のバンドマンとアコースティックでセッションするためだ。


渋谷のイケベ楽器のドラムセンターに足を運び、意外と沢山あったので悩んでいたら、「明日、ユーズドセールをやるから時間があるなら来たらどうか?」みたいな事を言われて、次の日にまんまと開店1時間前に行き、整理券をもらう。
番号は6番だった。

近くのドトールでコーヒー飲みながら時間を潰し、開店5分前ぐらいに店の前に行くと、並んでる奴等が変わってない。結局、入場の時も俺以降の番号札をもらってる奴はいなかった。
珍しく並んだと言うのに。

ま、おかげで中古ではあるけど、意外と値のはるスペインだかのメーカーの”DE GREGORIO"略して”DG”ってのを買った。
色々試し叩きした中でも、低音の鳴りの深さ、全体的なピッチの低さが気に入った。極め付きは打面が赤いって事。いい買い物できたわ。
セールって事で、ついでにちょこちょこ買ってしまったんだがね。


それからは、とりあえず暇があれば跨いでは叩く、叩く。
自分のリズムが気持ちいいと思えるまで叩きまくる。なかなか楽しい。リズムと直接的な関係性にあるのってやっぱ肉体的と言うか、体感的で、直にクルのよ。
パーカッションって奥が深いが、単純。逆もありき。

ま、少し勉強しながら、とにかく楽しもうと思う。
この楽器はそんな感じ。




2009/05/04/Mon 00:59:08  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :速報


忌野清志朗さんが亡くなりました。

偉大なロックスターが死んでしまうと何とも言えない感じが生まれる。そもそもはなっから夢みたいな存在感だから、実感ってもんがないと言うか、今でもレコードからあの歌声は聞こえてくるわけだし、それだけでしかずっと接して来た事がないからだろうな。

悲しいと言えば、少し嘘になる。
だけど、自由な気持ちや、切ない悲しみは沢山教えてもらった。それだけで、いいんじゃないかな。人にそんだけのモノを伝えられたんだ、すごい事だよ。


ご冥福をお祈りします。



2009/05/03/Sun 01:23:36  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 カラスの鳴き事. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。