カラスの鳴き事

ロックンロールバンド、カラス79の独り言

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ ハラ :迫る

なにやら、ここんとこ徐々に忙しくなってる様な雰囲気がプンプン。

世間じゃ、もう郵便局が年賀はがきを発売したみたいで、年越しってのがずんずんと迫ってきてるよ。

先週は21日、25日とライブがあった。
21日は四谷OUTBREAK。ある理由で、この日はズタボロなライブになってしまった。申し訳ないと思っております。

25日は新宿DOCTOR。BURNING SOULの写楽さんに呼んでもらって一番目に登場。
まわりはいつものごとく墨だらけのイカチーお兄さんばかりで、うちのメンバーが並ぶと好青年に見えちゃうんだから笑える。

DSC000380.jpg


久しぶりのバーニングとの対バンはやりがいがあったし、やる事はやった感はある。
ま、まだまだ考えなくちゃならんとこは沢山あるがね。

とりあえず、お疲れさまでした。ありがとう。


ってなとこで、12月のフライヤーも出来上がってきたみたいだし、レコーディングも来週なんで、気合入れて行こうかな。

次回は11.20四谷OUTBREAKに出ます。
よろしく。



スポンサーサイト
2008/10/30/Thu 22:27:50  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :余韻

何よりも早いだろう、この記事は。

終わってまだ続いてる最中だから。

また後日、報告いたします。
2008/10/26/Sun 04:05:26  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :リベンジ

今夜はビートイット!、ならぬ
今夜はオールナイト!だぜ。

アメ横style以来のBURNING SOULとの対バン。
ってか、イベントに呼ばれたんだけどね。

まぁ、楽しみよ。
今夜はいいライブにするぜ。
2008/10/25/Sat 13:42:31  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :風邪の舞台


どうやら、風邪をひいたようだ。

用心するにこした事はないが、気にし過ぎるとしっかりとこじらせてしまうので、ほどほどに気にしながら用心するようにする。なんだかよく分からん。


今日はそれでも、昼には起きて友人の役者が出演してる舞台を観に行く。

TPT68「いさかい」@ベニサンピット
マリヴォー作
演出:熊林弘高
出演:毬谷友子 田島亮 渡辺真起子 藤沢大悟 濱崎茜 松平英子 杉内貴 藤川洋子 塩野谷正幸

初めてと言うぐらい楽しめた舞台だった。
題材からして気に入る雰囲気はあったのだが、その内容の表現が素晴らしかった。演出にも心惹かれたし、何より、主演の毬谷さんには目を釘付けにされた。

男と女、愛と不実、喜びと落胆、そんな対比が焦点だったろうか。
毬谷さん演じる「女」は、美しさと無知によって滑稽なほど自己愛に満ちていて、それでいて欲望に素直で全てを欲しがり、そして全てを傷つける。
そんな「女」だから、面倒であり、嫌味でもあり、近寄りたくもないタイプであるのに、魅力的でそして儚い寂しさを醸し出していた。すごかった。

友人はいかんせん、出演時間が短過ぎたのが辛い。人物像に触れる前に終わってしまったら良し悪しもうまく判断できんかった。ま、本人が一番辛いとこだろうけど。
まぁ、それでもあの舞台に一緒に上がってる事や、生身で感じられてる事は何より財産になるだろうな。頑張って欲しいもんだ。


そんなこんなで、両国を出たのが16時前で、もうすでに頭は痛いわ、寒気はするわ、喉は切れそうわで、完全にふらふらだったので大人しく家に帰る。
集中治療をして、21時からスタジオなんで2時間ぐらい仮眠を取ってからスタジオへ。

汗をかいたおかげか少しは楽になった気がする。
今夜はもう寝て、早く治さなくてはな。







2008/10/19/Sun 01:31:16  未分類/CM:1/TB:0/

§ ハラ  :どんな感じ?


ここんとこ、来月のレコーディングに向けてがっつりやってる。

色々、アラも出てくるんだけど、なかなかいい感じになってはきてる。
今回は予想以上にRockn'rollな仕上がりになる。


来月、ヘルプで違うバンドに連れだって大阪に行く予定。
なんつーか、自分のバンドでもツアーなんて回った事ないのにな。


明日は役者友達の舞台を観に行く予定。評判いいみたいだから楽しみだわ。

さぁ、朝まで仕事。



2008/10/17/Fri 17:47:02  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :想像

20081013141617


朝は(っても昼なんだが)、バナナにシリアル。

って、イメージじゃねぇな。
2008/10/13/Mon 14:16:20  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :懐かしの?


携帯からも送れるようにしてみた。
快適。

ちゃんとしたブログを使うと、少し気持ちが変わってくるもんだな。
ま、なんとなくだけど。

そう言えば、こないだ中古CD屋で古いrockin'onを見つけて買ってみた。
1988、MICK JAGGERが表紙で。

内容がまた面白いのなんのって。この時代の音楽は洋楽も邦楽も何か飽和状態で、前時代のなごりを引きずってる感じ。
新鮮さはないんだけど、栄光のミュージシャンのひきづりや、今では大御所の人間の若き頃の吐くセリフや、身に覚えのないセンスやら、何から何まで刺激的。
もっと探そうかな。

楽しいや。
2008/10/11/Sat 06:47:14  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :Start


ただいま。
朝帰り。そりゃそうだ。


とりあえず、こっちにリンクさせた。
過去ログは随時、こっちに写してみようかと思ってます。

期待するな、ベイベー!


2008/10/10/Fri 04:43:05  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :移動日


ちょっとね、備え付けの日記ツールじゃ物足りなくなったんで、引越ししてみた。

どーだろうかな。


2008/10/09/Thu 14:18:47  未分類/CM:0/TB:0/

§ ハラ :Radioheadの欠片


昨日、Radioheadの日本公演最終日を観に有楽町は国際フォーラムに行った。

いつも通りに都立大のスタジオを終えたのが18:15。

開場が18:00の開演が19:00だったため、少し気持は急ぎながら電車で向かった。着いたのはもう19:00を過ぎていたが、休憩場などには人がわんさかいて余裕の様を見せていた。

席に着くと、前座として二人組のDJが音を出していた。
気分も違うし、指定席の会場だからか、まったく雰囲気に合ってなくて、ただのBGMになってたよ。バンドだったら逆にもっと寂しくなってたかもな。みんな座ってたし。


結局、radio headが始まったのは20:00ぐらい。急いで行く事もまったくなかったな。

ライブはトータル的には大満足。
最初、ヴォーカルが曇ってるとか、音がクリアーでない、そもそも出音が小さいとか文句もあったんだけど、バンドの狙いとか、ステージの演出、モニターの表現力とか、そこら辺で小さな事は気にならないぐらい引き込まれた。

バンドとしては、「The Bends」あたりが一番お気に入りなのだが、雰囲気や方向性が変わってても、トム・ヨークには普遍的な魅力があった。なんか、ちいさなおっさんにしか見えなくて、不思議な感覚だった。(まぁ、モニターに映し出される迫力は物凄かったが。)

何より、あのRadioheadがやってるライブってのは客を楽しませるのを大前提にしてる様で、しかしながら、自分達もやれる事はやりたい放題で、ものすごく自由で楽しんでいた。そこに一番の感動があったな。


手の届かない、雲の上の存在的なロックスターではなくて、ちっぽけで孤独を抱いてる所詮は同じ人間ってのがそこにいた。

わざわざ日本に来て、それを見せてくれるんだもんな、すげぇよ。
生で観るって大事。ちっこいピースを手に入れた気がする。



2008/10/09/Thu 00:00:00  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 カラスの鳴き事. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。